グレーゾーンの位置

数多く存在している風俗店の中に、唯一本番行為がサービスに含まれている業種に「ソープランド」というものが存在してきます。
ソープランドはお客様が支払う料金も一番高く、女性自身も一番稼ぎやすいとされているのがソープランドという業種でもあるのです。

とはいえ、本番行為がある唯一の風俗店なのですが、売春防止法により売春は違法となりますのでソープランドは違法になるのではないかと気になるところでもあります。
一言でいいますと、ソープランドは普通に営業していますので合法のように見えますが、結局のところ合法ではないのです。
では違法かというと違法でもなく、つまり合法か違法かはっきりしないグレーゾーンに位置しているということなのです。
ソープランドはグレーゾーンになりますので、いつ警察に摘発されてもおかしくありません。

なぜ摘発されずに営業を続けられるかというと、ソープランドでは女性とお客様が個室の中で恋愛し、その上で性交しているので売春にはならないという建前があるからなのです。
もう少し具体的にいいますと、まずお客様はソープランドの受付にて入浴料を支払います。
その後、女性と対面してお風呂がある個室で入浴のお世話をしてもらいます。
そこで、お客様と女性はお互いに好きになってしまって同意の上で性交をする、ということです。
最後に、お客様は女性に直接サービス料を支払いますが、入浴のお世話というサービスに対して支払うものであります。
要するに、女性は対価を得るために性交はしていないので売春にはならないということなのです。

また、ソープランドに当てはまる風俗店の経営者や、女性以外の従業員が売春目的で個室を提供したら売春防止法となります。
ですが、個室で女性とお客様が性交することは知らず、入浴目的のために個室を提供しているため違反にはなりません。
そのため、受付では入浴料としてお客様からお金をもらい、どのような性的サービスを提供しているのかは公表していないのです。
結局のところ、これらは建前で成り立っており売春が行われているのは明らかであります。
しかし、警察は売春が行われていることを本当は知っていますが、知らないとしており売春は事実上黙認されているということなのです。
また、警察はソープランドに当てはまる風俗店に売春が行われていることを黙認せずに摘発することもあり、過去に摘発された風俗店というのも存在してきます。
そういったことをよくニュースで見ると思いますが、摘発される風俗店と摘発されない風俗店の差は何なのかは疑問でもあります。
摘発された本当の理由は警察にしかわからず、警察に聞いても摘発理由は売春防止法に違反したためとしか教えてくれないのも現状でもあるのです。